FC2ブログ

記事一覧

君は…

昨日の夕方の散歩の事です。
いつものドッグパークに来て、
オフリーシュにして遊ばせていると、
パイが崖の上を見てじっとしています。


何か真剣な顔をして上の方を見ています。
パイのこんな真面目な顔を見る機会はあまりありません。


この崖というか坂の上を見ています。
かなり急な坂で、私が登るのもかなり大変な坂です。

何を思ったか、パイは“タッタカタッター”と登って行ってしまいました。
この坂の上にはトレイルはありますが、すぐ車道です。

チョット危ないので 急いで追いかけなくてはいけませんが、
この坂を登っても追いつく訳はないので
「パイ、まちなさ~い」
と叫ぶ事しか出来ません。

パイは後ろを振り向く事もなく一目散に登り、
視界から消えてしまいました。

すると坂の上から
「パイ、連れて下りるよ~」
の声が聞こえます(もちろん英語ですけど)。

しばらくすると、パークへ戻って来るトレイルから
姿を現しました。


大好きな、ティムさん、クリスティーナさん、ジャクソン、そしてマディソンと一緒です。


まぁ、本当に嬉しそうに歩いて来ます。


パイは、まるでティムさんとクリスティーナさんの犬みたいです。
よっぽど居心地が良いんでしょうね。

「パイ、しばらくホームステイにさせてもらいますか?」
「おやつの量とクオリティが高いから、それも良いかなー」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パイの親父

Author:パイの親父
当ブログはリンクフリーです。

ブログ村にランキングに参加してみました。
よろしくおねがいします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村