FC2ブログ

記事一覧

寒がり

以前から何度も書いていますが、
パイの寒がりはかなりのものです。

特に最近、朝晩だけではなく
日中もかなり寒かなって来ているので
パイ的には暖房がかなり恋しい様です。

日中は、家に誰もいないので
暖房を点けたまま出かける訳にもいかず、
パイには少し我慢してもらっています。
と、言ってもパイは犬だし
外飼いの犬ではないし、
いつでもベッドの上の日当たりの良い所で
ゴロゴロ出来るし、
常に毛皮を身につけている訳だから、
少々の寒さなら平気だと思うのですが。

まぁ、私がブツブツ言った所で、
パイがどのくらい寒いのかよく分かりませんが。

IMG_1495.jpeg
これはこの間の濃霧の日の朝の散歩の写真です。
このあと家に帰ってパイが朝ごはんを食べたら、

IMG_1496.jpeg
自分の指定席に行き
暖房が入るのを待っています。

流しの真ん前にドカンと腰を下ろしています。
人間の朝ごはんを作るのに邪魔でしょうがありません。

そして暖房が入ると、
IMG_1497.jpeg
温風の吹き出し口におヘソを向けて
ごろりです。

IMG_1498.jpeg
見事に、キッチンマットの中に収まって
グーグー睡眠に入ります。
もう少し警戒感があっても良さそうですが、
警戒心ゼロ状態です。

言うまでもなく、
私たちはパイを起こさない様に気を使いながら
不自由な思いをしながら
朝ごはんの用意をしたことは言うまでもありません。

IMG_1553.jpeg
これは夕方の散歩が終わった後の写真です。
そんなに寒く無かったので暖房を入れていなかったら、
暖房が入るまで温風吹き出し口の前に座って
こっちをジーッと見ているのです。

IMG_1554.jpeg
私が知らん顔をしていると
今度は標的をお母さんに代えて
ジーっとお願い目線で見ています。

「パイさん、そんなに寒くないですよ!」
「皆さん、季節の移り変わりに敏感になってください」

もちろん、こんな風に見つめられたら
暖房を入れない訳にはいきません。
わずか5秒後には暖房が入っていたことは言うまでもありませんね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パイの親父

Author:パイの親父
当ブログはリンクフリーです。

ブログ村にランキングに参加してみました。
よろしくおねがいします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村