FC2ブログ

記事一覧

続・オリンピック半島小旅行

小旅行記を書こうと思うと、
どうしても一回で完結できませんね。
我ながら文才の無さと、計画性不足を再認識させられます。

さて、フェリーの旅ですが、
どうせフェリーは混んでいるだろうと思い
少し早く家を出たら、予定していたより一便早いフェリーに乗れてしまいました。
嬉しい悲鳴です。

こうなるとサッカーの試合の前に
時間が余ってしまいます。
急遽、携帯電話で付近を検索して、
試合会場から10分ぐらいの所にあるドッグパークを見つけ
そこへ行くことにしました。

IMG_2507.jpg
パークへ入ると、いきなり超巨大なマスティフが
パイの事を出迎えてくれました。
大きな体を揺らしてパイの方へ近づいてきて
ひと通り匂いを嗅いだらそれで挨拶は終わりです。

どうもこのマスティフこのパークの主のようで、
知らない犬が来ると必ずお出迎えの儀式をするようです。

パイはちょっとビビり気味のようですが、
次の瞬間には
IMG_2510.jpg
一緒に並んで昔からの友達のように振る舞っています。

IMG_2511.jpg
これはセントバーナードと一緒に遊んでいますね。
ここの公園は身体の大きな犬種が多いような気がします。

手前の小さな黒い犬は
まだ8週間の子犬です。
この子も保護犬です。
アメリカでは、保護犬を飼っている人が非常に多くいます。

IMG_2514.jpg
パイよりも一回り大きいブルドッグの男の子です。
パイはこの子の事が気になっていたようですが、
ちらりと挨拶しただけでパイはフラレてしまいました。

IMG_2512_20190115081913932.jpg
天気が良かったせいもあるのか、たくさんの犬がいました。
誰も喧嘩もせずに仲良く遊んでいました。
新参者のパイも仲間にスムーズに入れてもらえました。

IMG_2516.jpg
フェンスで囲ってあるオフリーシュエリアの脇に
トレイルがありました。
パイがオフリーシュエリアで一遊びしたあと
トレイルを歩くことにしました。

IMG_2519.jpg
よく整備されたトレイルがあり、
大きな公園の中を一周できるようになっていました。
公園の中には沼地があったり、池があったり、
草原があったり、ただ散歩するだけでも十分に楽しめます。

パイは沼地の木道をお母さんと一緒に歩いてきます。

IMG_2521.jpg
ちょっとアップで撮ってみました。
換毛期に入っているので、
抜け毛が浮いているのが見えますね。

「パイ、今の時期はちょっとアップには耐えられないか?」
「お父さん、相変わらずレディに対して失礼ですね!」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パイの親父

Author:パイの親父
当ブログはリンクフリーです。

ブログ村にランキングに参加してみました。
よろしくおねがいします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村