FC2ブログ

記事一覧

豆まき

2月3日は節分でした。
節分といえば、豆まきですね。
豆まきの由来を調べてみたら、
色々と私の知らないことが分かりました。
普通の人は一般常識として知っているのだと思いますが。

節分というのは文字通り
季節の分かれ目という事で
実は立春の前日だけではなく、
各季節の始まりの前日(立春、立夏、立秋、立冬)にあるらしく、
節分は毎年4回づつあるそうです。

それでは何故豆まきなのか?
昔から季節の変わり目には邪気が生ずると考えられており、
この邪気を追い払うために
室町時代から豆まきが始まったという記録が残っているようです。

豆をまく理由ですが、
穀物には「生命力と魔除けの呪力備わっている」との信仰、
魔目(まめ・豆)を鬼の目に投げつけて魔滅させるという語呂合わせ、から来るようです。

「パイ、少し賢くなったな!」
「お父さん、何をいまさら、日本犬の常識です!」

我が家でも、もちろん豆まきをしますよ。

IMG_2882.jpeg
うちの豆まきは非常にアメリカ的で
大豆の代わりにピーナッツです。
それも皮付き。
硬いから鬼も驚くと思いますよ。

鬼が驚くよりも、
ピーナッツが家の周りにゴロゴロ転がっているので
近所の人の方が驚いているかもしれませんね。

IMG_2884.jpeg
これは家の中にまいた
「福は内!」の豆です。
家の外の豆は寒くて写真も撮りに行きませんでした。

IMG_2886.jpeg
豆まきが終わったら、家の中のピーナッツは
すかさず集めて回収です。
パイが不思議そうに匂いを嗅いでいます。

IMG_2887.jpeg
豆の前で写真撮影の準備です。
日本から送られてきたお菓子のパッケージを
パイの横に置きます。

IMG_2888.jpeg
パイもお座りをして協力的ですね。

IMG_2889.jpeg
はい、チーズ!

それにしてもどうしてこんなにお行儀が良いのか?!
パイが大好きなピーナッツバターと同じ匂いがするから
勘違いしているのかもしれませんね。

IMG_2890.jpeg
ピーナッツをひと粒やったら
サイドテーブルの下に持っていって噛じっています。

あとで確認してみたら、
どうも生ピーナッツはパイの口には合わなかったようで、
このテーブルの下に噛りかけのピーナッツの残骸が落ちていました。

「お父さん、次はピーナッツバターにしてください」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パイの親父

Author:パイの親父
当ブログはリンクフリーです。

ブログ村にランキングに参加してみました。
よろしくおねがいします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村