FC2ブログ

記事一覧

オラオラ系

気候が良くなり、
毎日の散歩も楽になって来ています。
パイには少し暑すぎるのか、
ストライキを起こす回数が増えいるような気がしますが。

気候が良くなると、
野生動物の出産シーズンが始まります。

IMG_4335.jpeg
昨日、朝の散歩の途中、家からすぐの空き地で見つけました。
生まれて数日ぐらいの子鹿です。
大きさも、パイを少し大きくしたぐらいです。
子鹿は静かにしていたので、
パイは全く気が付きませんでしたが。

パイは、これで本当に猟犬の血を引く犬なのでしょうか?

「パイ、もう少し周りに注意を払ったほうが良いかも!」
「お父さん、暑くてそれどころではありませんよ!」

子鹿は可愛くて良いのですが、
問題はお母さん鹿のほうです。
このあと、ブッシュの中から急に大きなお母さん鹿出て来て、
私とパイの事を追いかけてくるのです。
今にもパイに攻撃しそうな勢いでした。
50メートル近くお母さん鹿とパイの間に入って
かなりビビりながら散歩を続行しました。

パイは怖くないのか、
「ワンワン、ケンケン!」大騒ぎでした。

別の日にお母さん鹿がフェンスの向こうに現れました。
IMG_1732.jpg
パイは、猟犬の血筋を見せつけます。

IMG_1733.jpg
フェンス越しなので
パイは絶対安全と思っているのでしょうが、
こんなフェンス鹿にとっては階段1段登るのよりも簡単です。
話によると2メートル位のフェンスは軽く飛び越えるそうです。

IMG_1734.jpg
うるさく吠え立てて、鹿を撃退しようとしています。

IMG_1735.jpg
フェンスの下からも攻撃です。

IMG_1737.jpg
オッー、
パイは鹿を撃退した!と思ったのもつかの間

IMG_1738.jpg
鹿はくるりと向きを変えて
パイの方に向かって来ます。

IMG_1739.jpg
パイは逃げ腰です。
バーベキューグリルがあるので、
これ以上逃げられません。
パイがどこにいるか分かりますか?

IMG_1740.jpg
パイも勇気を出して鹿に再攻撃です。
でも鹿の方はフェンス越しに
「オラオラ、ちびっこ!蹴飛ばすぞ!」
と、ばかりに威嚇してきます。

IMG_1741.jpg
パイがかなり劣勢なので、
私が助太刀で家から出てくると、
鹿の方も少し驚くのか、
おとなしく去っていきました。

「お父さん、やっつけたよ!」
「パイ、頼りにならんなぁ!」

この時期の鹿はチョット危険です。
特に犬の散歩をしている人には、
子鹿を守るために、
親鹿が突っかかって来るようです。
気を付けないといけませんね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パイの親父

Author:パイの親父
当ブログはリンクフリーです。

ブログ村にランキングに参加してみました。
よろしくおねがいします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村