FC2ブログ

記事一覧

シャンテレラ ハイキング

家から車で20分ぐらいのところにあるレイクワトカム パーク(Lake Whatcom Park)の中にある
シャンテレラトレイル (Chaterella Trail)にハイキングに行って来ました。
IMG_5071.jpeg
地図の中の赤い矢印があるトレイルです。

初めて行くトレイルだったので、パイを連れて行くかどうか迷いました。
パイのお母さんは、「やめた方が良い‼︎」と強くアピールしていましたが、
「まぁ、どうにかなるだろう」の私のいい加減なひと言で一緒に行く事に。
「お父さん、歩けなくなったら担いで下さいよ!」

このトレイル行きは約5キロの登り坂です。
あまり急勾配はありませんでしたが、
ずーっと登り坂です。
森の中なのでそれ程暑くはありませんでしたが、
全身にじっとり汗ばむぐらいの気温でした。


パイはあちこちの匂いを嗅ぎながら、
暑そうに登って行きます。
失礼しました、これはパイが草陰で用を足しているところでした。

IMG_5061.jpeg
こういう感じです。
日陰では元気に歩きましたが、

IMG_5063.jpeg
お日さまがあたったり、
登り坂になると、一気にペースが落ちてゆきます。
暑くて登り、
パイは下を向いて舌を出して背中を丸めて
トボトボと登て行きます。

それでも登る事約1時間半、
トレイルの終点に到着しました。

IMG_5065.jpeg
頂上付近の少し開けた所から、
パイも景色を眺めています。

そしてついに頂上に到着しました。

IMG_5070.jpeg
眼下に見えるのはワトカム湖(Lake Whatcom)です。
べリングハム市の水がめです。

パイは先に着いていた知らないお兄さんの横に座って
ゴリゴリ撫でてもらっています。

「パイ、君はどこの家の子かな?」

頂上で15分程休憩したら今度は下りです。
行きはあれだけとぼとぼ歩いていたのに、
帰りはほぼ全行程小走りで降りて行きました。
流石に走りながら写真を撮る事はあまりに危険だったので、
帰りの颯爽としたパイの写真は一枚もありません。
それでなくとも颯爽とした写真が少ないので、
1枚ぐらいは撮っておけば良かったのですが、
残念です。

IMG_5080.jpeg
下りは1時間かからないで湖のほとりまで降りてきました。
パイは、少し水に入って体を冷やしていました。
私たち人間も湖畔に座ってスナックをかじりました。

「パイ、担ぐ必要がなくて良かったよ!」
「お父さん、わたし、まだまだこれからですよ!」

このあと家に帰ったら、
パイはガッツリ爆睡したのは言うまでもありませんが。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パイの親父

Author:パイの親父
当ブログはリンクフリーです。

ブログ村にランキングに参加してみました。
よろしくおねがいします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村