FC2ブログ

記事一覧

やっちまった!

昨日、車でお母さんを迎えに行く話を書いたので、
続けて車の事を書いて行こうと思います。

皆さんご存知の様に、
アメリカでは自動車が普段の交通手段のかなめになっています。
もちろんニューヨークやロス等、
大都市圏に行けば公共の乗り物がしっかりと配備されており
自動車はそれほど必要では無くなりますが、
べリングハムぐらいの中堅都市になると
公共の乗り物がバスぐらいしかなく
どうしても自動車が必要不可欠になって来ます。

恐ろしい事に、16歳になると自動車の免許が取れて
街の中をブンブン乗り回しています。
パイのお姉ちゃんも毎朝自動車通学です。

自動車といえば交通違反やチョットした事故は避けられない物です。
我が家も例外ではなく、メインで使っているマツダの後ろのドアが電信柱にキスしてしまいました。
キスしたのは かれこれ1年ぐらい前になるのですが、
特に運転するのに支障は無く、
修理費用が$1800〜2500(20万から30万円)掛かると言われたので
凹んだまま使っていました。

IMG_4842.jpeg
我が家の愛車です。
これはキスをしていないサイドです。

もちろん修理したかったのはヤマヤマですが、
あまりのお値段なので二の足を踏んでいました。

ところがです、ついに修理屋の頼まずに自分の力でドアの凹みを修理しました。
もちろん、自分では板金作業など出来る訳がないので(トライもしませんでした)、
ジャンクヤードをインターネットで検索して
同じ型の同じ色のドアを見つけました。

graham2.jpg
このB&R Auto Wreckingというジャンクヤードまでドアを取りに行きました。

Unknown_20191213074800328.jpeg
このジャンクヤードと言うものは日本でいう所の自動車解体屋ですね。
広大な土地に廃車や事故車を置いてあり、
そこからお望みの車のお望みのパーツを取り外して購入すると言う形になります。

今回は前もって電話をしておいたら、
ドアをキレイに外して保存しておいてくれました。

後部ドアの取り替え作業自体は
ボルトを5本外してドアを取り替えて
ボルトを5本締め直すだけの単純作業で
1時間かからずに終わってしまいました。

もちろん作業中の写真は一枚もありません、
ドア自体が重いのでパイの手も借りたいほどでしたが、
もちろんパイは どこ吹く風で自分のベッドに寝ていたのは言うまでもありません。
IMG_5484.jpeg
「パイ、手伝ってください!」
「お父さん、逆に足手まといになりますよ!」

IMG_5590.jpeg
これがキスをしたドアです。
かなり大きな凹みがあるのが分かると思います。
これでも、吸盤で引っ張ったりして凹みを少なくしたのですが。

IMG_5597.jpeg
そしてこれが修理後です。
キレイに元通りに直りました。

ちなみにかかった費用は
ドアの値段$350とガソリン代$50ぐらいですね。
約$1500も節約できました。

「パイ、すごい節約でしょう!」
「お父さん、この節約が私のオヤツに反映されますか?」
IMG_4529.jpeg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パイの親父

Author:パイの親父
当ブログはリンクフリーです。

ブログ村にランキングに参加してみました。
よろしくおねがいします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村