FC2ブログ

記事一覧

気になる事

パイが家に来てから気になっていた事があります。
以前、飼っていたシュガーの時には気にならなかったのですが。

犬にも利き腕というのがあるのでしょうか⁈

この5年間のパイとの生活で
利き腕があるとすれば、
パイは左利きのような気がします。

もちろん、右手も上手に使いますが(特に穴掘りの時には)
何をするのにも、まず左手が出てきます。

1番よく分かるのが”お手”ですね。
お手

最初の頃は
「左手の握手は、エチケット良くないよ。」と言っていたのですが、
パイには関係無い事だったようです。

これは、朝ごはんを前にして”お手”をさせられているので、
かなりおざなりな”お手”ですね。
朝ランニングの後のご飯なので、
お腹スキスキで”お手”どころでは無いのです。

穴を掘る手

穴を掘る時も、まずは左手からです。
もちろん、この後はマイブームの「スリスリ」をした事は言うまでもありません。

ドアベルの手

これはパイが庭に出たい時に
家族の誰かに知らせられるように教えたのですが、
ドアにぶら下げた鈴をを鳴らすところです。

これも左手
パンチ!
です。

最近は鈴を鳴らして外を”チラリ見”して
外に出ない事も度々あります。
「外は異常無しです!」

オモチャを抑える手

時々おもちゃ代わりにあげるミルクの容器を押さえつけるのも
やっぱり左手中心です。
時には右手でも押さえてるけど。

このミルクの容器、ハーフガロン(約2リッター)の容器です。
我が家は、私がコーヒーに入れるぐらいで
ミルクの消費量が少ないのでこれでOKですが(これでもたまに悪くなっているか…)
アメリカ人の家庭では1ガロン(約4リッター)のミルクを一週間に1本、普通に消費しています。

ノックの手

これは、パイがドアを開けようとしている所です。
この時もやっぱり左手で…

何を隠そう、このドアの向こう側はクローゼットになっており、
中にはパイの”ドッグフード”と’トリート”がしまってあるのです。

ドアが、完全に閉まってないと、
こうやって自分で開けて中に入っていって何かやってます。
別に中に入った所で、ドッグフードもトリートも届かないんですが。

パイは少しの可能性も無駄にはしない最高の”楽観主義者”です。

さて、話は戻りますが
やっぱり、パイは左利きなのでしょうか⁈
スポンサーサイト



コメント

No title

ご無沙汰してます。 ブログ拝見しました。 パイちゃん、可愛い! 昔、シュガーちゃんに初めて会った時を覚えてます。優しくてシャイで、親父の後ろに隠れちゃってましたね。 懐かしいです。 ワシントンでのご家族との生活、素敵ですね〜 みほさんに、よろしくお伝えくださいね。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パイの親父

Author:パイの親父
当ブログはリンクフリーです。

ブログ村にランキングに参加してみました。
よろしくおねがいします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村