FC2ブログ

記事一覧

エビ漁師

昨日のブログにも書きましたが、
先週は天気が良く、
アウトドア アクティビティー目白押しでした。

木曜日には柴犬大先輩のプリモのお父さんから誘われて、
エビ漁に行って来ました。

San_Juan_Islands_map.png
べリングハムの港を出発して約45分モーターボートで西に走り、漁場へ。
地図の青い円が漁場です。
カナダとの国境線のすぐ脇でエビを獲ります。

719YeW7i3mLACSY355.jpg
これがエビを獲るためのエビカゴです。
これを水深約100メートルの深さまで落とします。
かなりの重さがあるので水中から引き揚げるのが重労働です。

大人4人で行ったので、カゴを4つ海に放り込んで
エビが入るのを待ちます。
IMG_6917.jpeg
カゴを放り込んだ後は、ボートの上でみんなでおやつを食べながら雑談です。

約1時間待った後に、順番にカゴを引き揚げてゆきます。
実際の作業中は忙しくて写真を撮っている暇などありません。

一つのカゴに大体50匹から100匹近いエビが入って上がって来ます。

IMG_6919.jpeg
取れたエビをドンドン、クーラーの中に放り込みます。
この時に獲れたエビも数えます。
1人の1日の割当量は80匹までです。
ワシントン州がこの様に制限を設けて天然資源の保護をしています。

IMG_6921.jpeg

IMG_6922.jpeg
漁師飯です。
ボートの上で獲れたてのエビを海水で茹でて頂きました。
もちろんお刺身でも頂きました。
やっぱり獲れたては美味しいですよ。

今回は大漁で、トータル6カゴで4人分・320匹獲れてしまいました。
漁も終わるとカゴを撤収して大急ぎで帰宅します。

IMG_6926.jpeg
モーターボートから写真です。
カナダの島々が遠くに見えます。

IMG_6928.jpeg
正面に見えるマウント・ベイカーを目標に真っ直進みます。
この日はべた凪状態で波も無く、
船酔いの心配も無しで快適に過ごせました。

IMG_6930.jpeg
港に着くと、この様にしてボートを海から持ち上げて、
トレーラーに載せます。

IMG_5879.jpeg
これが私の分前です。
80匹も食べきれないので、
今回は50匹だけ分けて貰いました。
すごく綺麗なエビです。
英名はSpot Shrimp(スポットシュリンプ)、日本名はボタンエビらしいですね。

IMG_6933.jpeg
パイも興味を持ってクーラーの中を覗き込んでいます。

IMG_6935.jpeg
それでも、食べる気はない様です。
少しビビリ気味で、腰が引けています。

「パイ、エビが怖いのか?」
「お父さん、あぶない!エビが私を睨んでるんです。」

人間のこの日の晩ご飯は
IMG_5880.jpeg
ボタンエビのお造りでした。
お醤油とワサビ、それにビール。
超美味でございました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パイの親父

Author:パイの親父
当ブログはリンクフリーです。

ブログ村にランキングに参加してみました。
よろしくおねがいします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村