FC2ブログ

記事一覧

七人の侍??

先日の出来事です。
パイと夕方の散歩に出かけて、
普段よりゆっくり歩き、
いつものオフリーシュパークへ

裏の入り口まで遠回りしてパークへ向かいます。
いつもと同じ様な場所でリーシュを外して
パイも自由に動ける様にしてやります。

いつもなら、わたしのすぐ後ろか
せいぜい5メートルぐらい離れたところを
ウロウロしながら付いて来ますが、
この日はどうした事かかなり遅れています。

IMG_1695.jpg

それどころか、オフリーシュにした所から
一歩も動いていないのです。

「おーい、どうした?パーク行くよ!」
「………………」
反応なしです。

しょうが無いので戻ってリーシュを付けて
もう少し一緒に歩きました。

今日はどうしたんだ?と思いながらパークへ
そこで原因が分かりました。

そこには”七人の侍”ではなく
”7匹のウインナー”がいたからです。

IMG_1701.jpg
ここには、5匹しか写っていませんが、

黒、白、茶色、まだら毛
長毛、短毛、巻き毛
フサフサしっぽ、短いしっぽ、真っ直ぐしっぽ、長いしっぽ、と
考え得る全ての姿カタチのダックスフンドのグループが。

別にこの子たち何をする訳では無いのですが
とにかく、辺りをはばかる事なく
「ワンワン、キャンキャン」賑やかなのです。
特に他の犬を見つけると余計に賑やかになるのです。

まさにギャングが歩行者天国を我が物顔で練り歩くのに似ています。

パイはこのギャングがあまり得意では無いのです。

この子達は、パークの中のトレイルを
飼い主と一緒に賑やかに一周だけ練り歩き、
IMG_1702.jpg

そして、何事もなかったように去って行くのです。

IMG_1703.jpg

彼らが去った後は、
台風一過の天気の様に
静かで穏やかなパークが戻ってくるのです。

IMG_1528.jpg
威張って立ってますが、尻尾が垂れてますね。

「さらば、”七匹のウインナー”達よ」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パイの親父

Author:パイの親父
当ブログはリンクフリーです。

ブログ村にランキングに参加してみました。
よろしくおねがいします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村